Date: Mon, 12 Apr 2021 17:38:17 +0900
From: tulip-MLtoin@ml.mail.ne.jp
Subject: 【高大社】参加申し込み締め切り迫る、4月14日まで!

====================================================
tulipメーリングリストは、桐蔭学園トランジションセンターが運営するMLです。
学校教育改革、学校から仕事、社会へのトランジション、人材開発等に関する講演会、シンポジウム、研修会等の案内が配信されます。ただし、配信=桐蔭学園トランジションセンターが推薦というものではありません。ご関心のある方は、どなたでもご登録、情報の投稿をおこなうことができます。
投稿、登録解除  https://www.toin-tc.com/tulip-ml
件名の冒頭に【社会】【大学】【高校】【中学校】など案内の対象が記されます。
参加費有料のものもあります。自身に必要な案内かどうかを判断してください。

※注意※投稿されたメールアドレスへ返信をしても投稿者への返信とはなりません。本文中に記載されたご連絡先への返信をよろしくお願いいたします。

====================================================
tulipメーリングリストにご登録の皆様

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

「中退」を未然に防ぎ、若者の豊かな学びと未来を守るオンライン上の研究会「朝日中退予防ネットワーク」事務局です。

この度は、「朝日中退予防ネットワーク」の設立記念シンポジウム(4月17日オンライン開催、参加無料)について、ご案内させていただきます。

=========
設立記念シンポジウムのお申し込みは、下記URLからどうぞ
https://que.digital.asahi.com/question/11003937
お申し込みいただいた方には、後日視聴用URLをお送りします
=========

朝日新聞社は2021年4月、「若者の中退を予防する」という目標のため、多くの学校関係者、教育関係者と手を携え、オンライン上の研究会「朝日中退予防ネットワーク」を立ち上げました。若者の「安易な」中退を防ぎ、若者が自らのキャリアを選び取っていけるよう支え続ける社会をめざして、活動していきます。   

このネットワーク設立を記念して、4月17日(土)にオンラインシンポジウム「高校・大学中退の状況と未然防止策の現在地」を開催します。
コロナ禍において若者が中退しないよう、豊かな学びを提供するために学校は何ができるのか、有識者の皆様と一緒に考えてみませんか。

<概要と開催日時>

「朝日中退予防ネットワーク」設立記念シンポジウム
―大学・高校中退の状況と未然防止策の現在地―

開催日  4月17日(土)13:00〜17:00 参加無料

13:00   開会

13:05〜  委員長講演・宮本みち子さん(放送大学名誉教授・千葉大学名誉教授)
「若者の自立への支援と中退問題」

13:40〜  副委員長講演・山本繁さん(大正大学特命教授)
「大学中退の状況と未然防止策の現在地」

14:15〜  パネルディスカッション「大学・専門学校からの中退のいま」
ファシリテーター・白鳥成彦さん(嘉悦大学教授)
登壇者・平田豪成さん(アフタースクール「まなばんば葉山」代表)

15:10〜  パネルディスカッション「高校中退のいま」
ファシリテーター・羽田野祥子さん(教育プランナー)
登壇者・荒井優さん(前札幌新陽高校校長)

16:05〜  パネルディスカッション「高校と大学、それぞれの課題を共有する」
ファシリテーター・倉部史記さん(NPO法人NEWVERY理事)
登壇者・飯塚秀彦さん(国立教育政策研究所教育課程調査官)
    一ノ瀬大一さん(九州産業大学学生係長)

17:00   閉会
※時間や講演タイトル、登壇者は変更の可能性があります

=========
設立記念シンポジウムのお申し込みは、下記URLからどうぞ
https://que.digital.asahi.com/question/11003937
 お申し込みいただいた方には、後日視聴用URLをお送りします
=========

<シンポジウムの登壇者>
・宮本 みち子(放送大学名誉教授・千葉大学名誉教授)
非正規雇用、生活困窮者・貧困、社会的孤立等の問題について、日本及び国際比較の研究に従事。社会保障審議会委員、中央教育審議会委員、子どもの貧困対策に関する検討会座長等を歴任。著書に「若者が《社会的弱者》に転落する」ほか

・山本 繁(大正大学特命教授)
社会起業家。若年無業者の支援を行ってきた中で2007年から中退予防に取り組み、大学などで中退者を減らしてきた。又、中央教育審議会の委員なども歴任。高等教育のあり方を提言している。17年から現職

・白鳥 成彦(嘉悦大学教授)
経営経済学部教授 兼 FD・IR推進室室長。大学における中退がなぜ起きるのか、どう防止できるのかを考え、デザインと人工知能研究をベースにおいた教学施策、中退防止施策の実践を行っている

・平田 豪成(アフタースクール「まなばんば葉山」代表)
1983〜2019年、滋慶学園グループで教育改革・組織変革に取り組む。2017年より、現職。神奈川県葉山町で、小学生の生きる力を育むアフタースクールを主催。著書に「中退0(ゼロ)の奇跡へ 組織変革3つの原則 20のセオリー」

・羽田野 祥子(教育プランナー)
宮崎県キャリア教育コーディネーター、日南市巡回相談員など兼任。教育行政と連携して小中高のキャリア教育や探究活動、不登校の子どもたちの支援など様々な分野で現場と仕組み作りの両面に携わっている

・荒井 優(前札幌新陽高校校長)
ソフトバンク入社後、グループ企業の役員を歴任。2016年から2021年3月まで札幌新陽高校の校長として、中退率を激減させる。2019年より佐賀県にある学校法人東明館学園理事長を兼任

・倉部 史記(NPO法人NEWVERY理事)
主体的な学習者を育てる高大接続の環境整備が重要という観点から全国の高校、大学、NPOなどと連携してプログラム開発や情報発信を行う。著書に「ミスマッチをなくす進路指導」(ぎょうせい)ほか

・飯塚 秀彦(国立教育政策研究所教育課程調査官)
群馬県の公立学校で教員として長くキャリア教育・進路指導に携わる。伊勢崎市立四ツ葉学園中等教育学校では、生徒達が中退率などをリサーチして大学へインタビューする「大学突撃取材」などをはじめ、ユニークなキャリア教育を展開。偏差値や知名度だけではなく、大学の真の実力を見極める取組を進めてきた

・一ノ瀬 大一(九州産業大学学生係長)
全学共通カリキュラムである「KSU基盤教育」や育成型入試の導入など、中退予防に関する13件のプロジェクトで中心的役割を担ってきた。その結果、九州産業大学の中退率は5年連続減少している

皆様のご参加、お待ちしております。


<朝日中退予防ネットワークとは>
公式HPへ →  http://t.asahi.com/wjm1
・Facebook上の非公開ページを使ったオンライン研究会です。

・「大学・短大・専門学校からの中退予防」「高校と大学等高等教育機関との接続(高大接続)」「高校・高専からの中退予防」の3領域について議論を深め、集合知とし、多くの教育現場で応用できる中退予防スキル、中退予防システム構築につなげていきます。

・3領域に関する研究・実践経験のある有識者で「委員会」を組織しております。委員長の宮本先生は社会学者として若者の貧困問題について長年研究しており、政府の委員会などでもご発言なさっております。また、副委員長の山本先生は「中退予防」をライフワークとして多くの大学の中退率を減らしてきております。

・委員長含め委員は25人。各委員から、中退予防に関する論点や関連資料を提示いただくほか、オンラインセミナーにも登壇いただきます。

〈問い合わせ先〉
朝日中退予防ネットワーク事務局
【電話】080-2137-8684 (平日10〜17時) 
【メール】non-dropout@asahi.com